Q
ワンストップ特例制度について教えてください
A
ふるさと納税ワンストップ特例制度は、確定申告をする必要のない給与所得者等が以下の条件を満たす場合に、確定申告(または市区町村への住民税申告)をすることなしに、ふるさと納税による寄付金控除が受けられる特例制度です。

条件


  • もともと確定申告(または市区町村への住民税申告)が必要ない給与所得者等である(※1)
  • 1年間の寄付先団体が5団体以内である

(※1)自営業者の方や、医療費控除等で確定申告をする方は対象となりません

確定申告とワンストップ特例制度の違い


ふるさと納税の仕組み

本特例を利用するには、④で示す「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」の提出が必要です。

上士幌町では、ふるさとチョイスからのお申し込み時に特例申請書を必要とするかどうかをお伺いしておりますので、希望者には、後日お送りいたします。

※H29年寄付分の提出期限はH30年1月10日(水)です

本人確認等の書類について


H28年寄付分から、申請書に個人番号(マイナンバー)の記入が必要となり、個人番号と本人確認の書類添付が必要となりました。

「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」のほかに、以下のいずれかのパターンの書類提出が必要です。

A.「個人番号カード(マイナンバーカード)」をお持ちの方
個人番号カードの両面コピー
B.マイナンバーの「通知カード」をお持ちの方
通知カードのコピーと身分証(※)のコピー
C.どちらもない方
個人番号が記載された住民票の写しと身分証(※)のコピー
  • (※)添付可能な身分証(写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする)⇒運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書 等

控除について


本特例が適用される場合は、所得税控除分相当額を含め、翌年度の住民税から控除されます。

ご注意ください!!!


  • 「寄付金受領証明書」は本特例の利用の有無に関わらずお送りしますが、後から確定申告が必要になるケースがありますので、大切に保管してください。
  • 本特例を申請した人が確定申告をした場合は、確定申告が優先されます。そのため、確定申告をする場合は必ず、ふるさと納税に伴う寄付金控除を含めた申告手続きを行ってください。
お問い合わせ