ナイタイ高原牧場

令和3年6月1日(火)177768 view


お知らせ

令和3年 4月23日(金)


 日本一広い、総面積約1,700ha(東京ドーム358個分)の公共牧場で、牛の放牧を見ることができます。ときどき野生の鹿も現れる、自然いっぱいの高原牧場です。

 地平線まで続く緑の芝のじゅうたんときれいな空気が、日々の疲れをすっかり癒してくれます。

 頂上付近には2019年新規オープンの「ナイタイテラス」があり、雄大な牧場の景色を展望テラスからお楽しみいただけます。




牧場の紹介

ナイタイ高原牧場とは


ナイタイ高原牧場
 「ナイタイ川」をアイヌ語で“ナイ・エタィエ・ペッ”と言い、「奥の深い沢」という意味と言われています。

 高原牧場は国営事業によって昭和47年に完成、現在は指定管理者制度によりJA上士幌町が管理・運営しています。

 ナイタイ高原牧場は、乳牛の6ヶ月以上の低月齢牛を飼い主より預かり育成し、授精させ妊娠牛として分娩間近くなってから飼い主に戻すという、育成牛預託専門の牧場です。夏場は広大な草地で放牧し、冬は7棟ある畜舎で飼育します。

 夏は約250頭ずつに分けられた11群ほどの牛の群れがのんびりと草地を歩く姿が見られます。

ナイタイ高原牧場の四季


ナイタイ高原牧場
 牧場は高原ですから冬の間6ヶ月以上雪に覆われています。

 6月の新緑は目映いばかりで疲れた心もすっかり癒してくれます。9月の紅葉は山の上から始まります。放牧の終わりが近づくことを告げるのです。

 高原の名物はもうひとつ───霧です。ミルク色の中での無彩色との出会い。不思議の国への誘いです。

 また、循環道路を行くと、春はタンポポの花から始まり、6月から8月にかけては中腹から上の道路沿い一面に咲き乱れるエゾフウロ草の薄紫の花を見ることができます。

ナイタイテラス


ナイタイ高原牧場
 展望台は牧場の最上部、標高約800mの高さに位置します。牧場全体や十勝平野、遠くは阿寒の山並みが一望でき、四季折々の牧場の緑のじゅうたんと、十勝平野に広がる畑のパッチワークのカラフルさが楽しめます。

 隣には2019年4月にオープンした「ナイタイ高原牧場ナイタイテラス」があり、大きな窓からは十勝平野が一望のもとに見渡せます。


テラスまでの行き方

 上士幌町市街地からナイタイ高原牧場ナイタイテラスまでは約16km程度の距離があります。(市街地から牧場入口ゲートまで約10km、そこからレストハウスまで約6km)

市街地からナイタイ高原牧場までのルートは下記のリンクからご参照ください。

ルートを地図で表示する

牧場入口ゲート開放時間
6-9月
7:00~19:00
5、10月
7:00~18:00
  • これ以外の期間は閉鎖されますのでご注意ください。


スポット情報


添付資料


お問い合わせ
上士幌町観光協会
上士幌町観光協会
01564-7-7272 
上士幌町字上士幌東3線238番地

観光スポットガイド