退職者医療制度

291 view
会社や役所などを退職して、年金(厚生年金など)を受けられる65歳未満の人とその被扶養者は「退職者医療制度」で医療を受けます。自己負担割合は、一般の国保と同じです。

退職者医療制度の対象となる人


次の条件すべてにあてはまる人(退職被保険者本人)と、その被扶養者です。

  • 国保に加入している人
  • 65歳未満の人
  • 厚生年金や各種共済年金などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

被扶養者(扶養家族)とは


主に退職被保険者本人の収入によって生計を維持していて、次の条件すべてにあてはまる人です。

  1. 退職被保険者の直系尊属、配偶者(内縁でもよい)と、3親等以内の親族、または配偶者の父母と子
  2. 国保の加入者で65歳未満の人
  3. 年間の収入が130万円(60歳以上の人や障害者は180万円)未満の人

対象となったら必ず届け出を


手続きに必要なもの年金証書、保険証、印鑑

  • 手続きをすると、保険証が「国民健康保険退職被保険者証」にかわります。

年金の受給権の発生した日が、退職被保険者となる日です。受給権が発生し、年金をもらう手続きをすると年金証書が送られてきますので、14日以内に役場国保窓口で退職国保の手続きをお願いします。

退職者医療制度の対象となっているのに届け出をしないと、職場の健康保険などからの拠出金で負担する医療費分まで国保で負担することになります。みなさんの負担が軽減されることにもなりますので、対象となったら、必ず届け出てください。

INDEX

お問い合わせ・ご来庁窓口
〒080-1492 北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地
上士幌町役場 1階2・3番窓口
国保医療担当
01564-2-4295 

コロナウイルス対策のQ&Aをチャット形式で回答してくれるアプリです。ご利用される方は下のロボットアイコンをクリックしてください。 (本アプリはコロナウイルス対策のため期間限定で試験導入しています。令和2年5月31日まで使用できます。)