上士幌町について

竹中町長
 こんにちは。上士幌町長の竹中貢です。

 上士幌町(かみしほろちょう)は、北海道十勝地方の北部、日本一広い国立公園である大雪山国立公園の東山麓に位置し、町内の約76%が森林地帯と自然豊かな町です。

 産業は、大自然の恩恵を受けた畑作、酪農などの農業や林業などの第一次産業と源泉かけ流し温泉であるぬかびら源泉郷や幌加温泉、日本一広い公共育成牧場のナイタイ高原牧場、北海道遺産旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群などの観光業も盛んです。

 上士幌町は、スロータウンの理念のもと、それらの地域資源を活用しながら、健康・環境・観光と子育て・教育をコンセプトにしたまちづくりを進めています。

町章


町章
 上士幌の「上」を図案化したもので、上部は大空に舞い上がる力強い翼と大地に根を下ろす若葉を意味します。 下部の円形は町民の融和と団結を表し、未来に伸びゆく姿を表しています。(昭和43年5月1日制定)


町のシンボル


  • 町花…すずらん(昭和56年8月3日指定)
  • 町木…しらかば(昭和56年8月3日指定)
  • 町鳥…かっこう(昭和56年8月3日指定)

位置と面積


上士幌町広域地図

◆位置
 東経143度18分 北緯43度14分
 東西18.2km 南北48km 海抜280m

◆面積
 696.00平方キロメートル

町勢要覧


 「資料編」では、地勢(位置・総面積・月別気温・最深積雪)、人口、財政状況、商工・観光、教育、生活環境、交通などの情報をご覧いただけます。

上士幌町町勢要覧(資料編)