地上デジタル放送対策

平成23年7月21日(木)更新896 view
お知らせ

最近のお知らせはありません
平成23年7月24日(日)にアナログ放送が終わり、地上デジタル放送となります。

上士幌町内では、各要因により、地上デジタル放送が安定的に受信できない地域が、国と北海道地上デジタル放送推進協議会の調査でわかりました。

今後の対応につきまして、お知らせいたします。

地デジ相談のお問い合わせ先


総務省地デジコールセンター0570-07-0101
町企画財政課情報交流担当01564-2-2111 内線265


地区別の対応について

(1)市街地~新たな難視地区


市街地の東側の一部が難視地区に指定されています。
この地域では、難視世帯と良視世帯が混在している状況です。

市街地

対策
現在、町が事業主体となり、役場庁舎上に無線共聴施設(ギャップフィラー)を設置し、安定的な電波受信ができるよう対策しました。
  • 平成24年3月15日~本格運用


(2)郊外~デジタル混信地区


農村地区の東半分全域が難視地区に指定。萩ヶ岡の国道沿いの世帯が主であるが、スポット的に難視世帯が点在するため広範囲に指定されています。

東居辺

対策
  • 国より、個別世帯に対する高性能受信アンテナとGI(ガードインターバル)越え干渉に対応できる受信機による対策を講じています。
  • まだ、対策が完了していない場合は、お問い合わせください。

(3)東居辺・北門地区の一部~上記地図、概ね赤○囲みの部分


対策
町が有線共聴施設を設置し、対策を講じています。
  • 平成25年3月20日~本格運用

(4)ぬかびら源泉郷


対策
  • 現在の共聴設備で実験的に地デジの伝送を行っています。
  • 合わせて、地デジ難視対策衛星放送による対策を講じています。
  • ぬかびらの共聴組合とNHKの協議のもと、すすめられています。

(5)幌加地区


対策
  • 地デジ難視対策衛星放送による対策を講じています。
  • 電波受信ができなく、恒久対策の方針が決定しておりません。
  • 方針が決定次第、戸別にご説明いたします。

(6)三股地区


対策
  • これまで同様、衛星難視対策となります。


お問い合わせ・ご来庁窓口
〒080-1492 北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地
上士幌町役場 2階8・9番窓口
情報交流・広報広聴担当
01564-2-4290 

お問い合わせ
もしもの時は
主要施設