2013早朝タウシュベツツアー

平成25年3月6日(水)更新2163 view  アイコン
※平成25年度のツアーは終了しました

ガイドセンターのガイドと一緒に、旧国鉄士幌線タウシュベツ川橋梁を訪れます。

早朝は特に風がなく湖面が穏やかなことが多く、運が良ければ湖面にタウシュベツ橋が映るかも。

早朝ツアーはタウシュベツ橋のみの見学となります。許可車両でタウシュベツ橋のすぐ近くまで行きます。
 場所
上士幌町字ぬかびら源泉郷
TEL:01564-4-2261
 定員
14名
 参加料
大人3,000円、小学生1,500円
 開催時間
5:30-7:00
 実施期間
平成25年4月27日(土) ~ 9月20日(金)
 お申し込み
事前予約が必要です
 お申し込み・お問い合わせ
NPOひがし大雪自然ガイドセンター
01564-4-2261
 備考
  • 糠平湖の水位や季節により、タウシュベツ川橋梁の見え方・様子は違ってきます。(この早朝ツアーは、橋が見えている期間限定のツアーです。)
  • 他にお客様がいらっしゃらなく、お一人で参加の場合は4,000円で開催させていただきます。ご了承ください。
 関連ページ
旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
”幻の橋”タウシュベツ川橋梁をはじめとする素晴らしき歴史の鉄道遺産
 関連記事
令和元年10月15日(火)
旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

タウシュベツ川橋梁
市街地から糠平、十勝三股の山岳森林地帯を南北に貫く国道273号に並行して所々に見かける、かつての国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋。

まるで古代ローマ時代の水道橋を思わせる高架橋は、鉄道橋としての活躍の時代を終え、今は東大雪の開拓の歴史を伝える近代産業遺産として、その姿を見せています。

なかでもタウシュベツ川に架かるタウシュベツ川橋梁(通称めがね橋)は糠平湖の水かさが増える6月頃から湖面に沈み始め、8月頃には湖底に沈みます。水かさが減る1月頃から凍結した湖面に再び姿を現すため、幻の橋といわれています。