統一的な基準による財務書類

平成30年4月24日(火)更新303 view
統一的な基準による財務書類とは
統一的な基準による財務書類は、これまでの現金の「収入」と「支出」のみに着目した現金主義に基づく会計資料を補完するものです。
ストック情報(資産・負債)や見えにくいコスト(減価償却費等)の把握が可能となる企業会計の考え方や手法を導入し、統一的な基準により各自治体が財務書類を作成するために、自治体間の財務書類の比較が容易となります。
財務書類の概要
財務書類は、以下の4種類の表で構成されています。

 ■貸借対照表
  資産・負債・純資産の残高や内訳を示したものです。資産から将来返済しなければならない
  負債を差し引いた残高が純資産となります。

 ■行政コスト計算書
  資産形成に結びつかない行政サービスに要した経費とそのサービスの直接的な対価として
  得られた収益を表したものです。

 ■純資産変動計算書
  貸借対照表の「純資産」が、1年でどのような要因で、どれだけ増減したかを表したものです。

 ■資金収支計算書
  現金の出入りを「業務活動」「投資活動」「財務活動」の3区分で表したものです。
財務書類の対象範囲
財務書類は、一般会計、全体、連結の3種類に区分して作成しています。

①一般会計等財務書類: 一般会計のみ

②全体財務書類: ①に、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計、水道事業特別会計、公共下水道事業特別会計を加えた町全体の会計です。

③連結財務書類: ②に、一部事務組合等を加えたものです。
財務書類
平成29年度決算
一般会計等財務書類
.pdf/179KB
全体財務書類
.pdf/179KB
連結財務書類
.pdf/179KB
概略版
.pdf/247KB
平成28年度決算
一般会計等財務書類
.pdf/141KB
連結財務書類
.pdf/140KB
全体財務書類
.pdf/147KB

お問い合わせ・ご来庁窓口
〒080-1492 北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地
上士幌町役場 2階8・9番窓口
財政担当
01564-2-4290