おすすめの一冊(広報かみしほろNo672

概要

おすすめの一冊(広報かみしほろNo672の画像「襷掛けの二人」


島津 輝/著

河﨑秋子さんの「ともぐい」が第170回直木賞受賞となり、図書館では、河﨑さんの作品が多くの方に読まれるようになりました。「ともぐい」以外の候補作は5作ありましたが、その中でも「襷がけの二人」がおすすめです。
主人公は千代。平凡すぎて存在感がないことが悩みの種。大正15年、父親同士が親友で、親交の深い家の長男に嫁ぎます。その家には元芸者で女中頭の初枝が同居していました。嫁いではみたものの、千代と夫の関係は何故か睦ましくはなりません。そんな中で千代と初枝は仲良くなり、そして子弟のような関係になっていきます。
昭和20年、空襲で千代は全てを失い、声までもまるで別人のようになってしまいます。一方初枝は、人を助けようとして視力を失います。生き別れとなり、2人の運命は大きく変わってしまうのです。
戦後、千代は寮母となって生計を立てます。一方の初枝は三味線の師匠となっていました。そして2人は再び出会います。


おすすめの一冊
広報かみしほろの「としょかんだより」で毎月1冊紹介している書評コーナーです。


お問い合わせ先
図書館担当
アイコン01564-2-4634 
9:30~18:15 ※事務所営業時間
上士幌町字上士幌東3線237番地