企業版ふるさと納税

令和2年10月21日(水)更新220 view

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)とは

企業版ふるさと納税とは、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。
地方創生の更なる充実・強化に向けて、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、令和2年度に制度が大幅に見直されました。これにより、損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割にまで圧縮されるなど、より使いやすい仕組みとなりました。
税控除イメージ
制度の詳細は、内閣府地方創生推進事務局「企業版ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/tiikisaisei/kigyou_furusato.htmlアイコン

寄附の要件

  • 1回当たり10万円以上の寄附が対象です。
  • 上士幌町内に本社(地方税法における主たる事務所または事業所)がある場合は対象外です。
  • 寄附を行うことの代償として本町から経済的利益を受けることは禁止されています。
(例:寄附の見返りとして補助金を交付する、入札や許認可で便宜を図る等)

上士幌町の取組

本町では、以下の計画が認定されました。
アイコン上士幌町総合戦略推進計画[.pdf/317KB]
アイコン上士幌町人口ビジョン・第Ⅱ期総合戦略[.pdf/7.6MB]

企業との協働により進めていきたい主なプロジェクト
プロジェクト名
内容
SDGs
スマートなまちづくりプロジェクト
IoT・AIを活用したスマート農業、医療、介護、教育、MaaSによる快適な移動等による生産性の向上を目指す事業や、ICTを活用した域内での実証実験等の連携
SDGs9
SDGs11
再生可能エネルギー地産地消プロジェクト
家畜排せつ物をバイオガスプラントで処理した際に生じた余剰ガバイオガスの有効利用について、新たな事業展開の提案やノウハウ等の連携
SDGs7
SDGs11
熱気球のふるさと関係人口拡大プロジェクト
  • 熱気競技会発祥の地としてパイロットの養成(町内や全国の学生パイロット)を図り、2023年第50回記念大会を開催
  • 町シェアオフィスアイコンを活用した域内企業との新規事業創出
SDGs11
SDGs17
  • 新たな事業展開の提案等をいただける企業を募集しています。
  • 上記以外の事業についてはお問い合わせください。

企業版ふるさと納税の手続き方法について

  1. (企業)寄附申出書を町に提出します。
  2. (上士幌町)町から企業へ寄附の払い込み方法等をお知らせします。
  3. (企業)企業から町へ寄附金を納付します。
  4. (上士幌町)町が寄附を行った企業に対して受領証を交付します。
  5. (企業)企業は受領証を用いて、税務署に地方創生応援税制の適用がある旨を申告します。


添付資料
アイコン寄附申出書[.doc/35KB]


お問い合わせ
〒080-1492 北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地
上士幌町役場 2階8・9番窓口
ふるさと納税担当

お問い合わせ
もしもの時は
主要施設