ホーム > くらし・文化・スポーツ > 防災・火災予防

上士幌町強靭化計画


 平成23年に発生した東日本大震災の経験を通じ、我が国の社会経済システムの脆弱さが明らかとなり、今後想定される首都直下地震や南海トラフ地震等の大規模自然災害への備えが国家的な重要課題として認識されました。

 国においては、平成25年12月、「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法」を施行、平成26年6月には、基本法に基づく「国土強靱化基本計画」を策定し、現在まで逐次改定を行っています。

 今後の大規模自然災害等への備え、事前防災及び減災に係る施策を総合的に推進するための枠組みを整備しています。

 北海道においては、「北海道強靱化計画」を平成27年3月に策定し、これまでの取組の点検結果や近年の自然災害から得られた知見、国の基本計画の見直し内容を踏まえ令和2年3月に北海道強靭化計画を改定しています。

 上士幌町においても自然災害に対する脆弱性を見つめ直し、強靱化を図ることは、今後想定される大規模自然災害から町民の生命・財産を守り、上士幌町の持続的な成長を実現するために必要であり、こうした基本認識のもと、上士幌町における国土強靱化に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、令和2年12月29日に「上士幌町強靱化計画」を策定しました。

アイコン上士幌町強靭化計画(概要版)[.pdf/851KB]
アイコン上士幌町強靭化計画[.pdf/710KB]


お問い合わせ
上士幌町字上士幌東3線238番地
上士幌町役場 2階7・8番窓口
防災担当
アイコン01564-2-2111 内線236
平日8:30~17:15

お問い合わせ
01564-2-2111
(平日8:30~17:15)

もしもの時は
主要施設
スマートフォンアプリ
広報かみしほろ
SDGs(エスディージーズ)の推進
SDGsアイコン
上士幌町は「SDGs」を取り入れたまちづくりを推進します