タウシュベツ川橋梁

外観
住所〒080-1403
上士幌町字ぬかびら源泉郷
概要
旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の中でも、特に代表的なコンクリートアーチ橋です。

ダムの水が少ない1月頃から凍結した湖面に姿を現し、水位が上昇する6月頃から沈み始め、8-10月頃には湖底に沈みます。(その年の雨量など、複数の要因により時期は毎年変動しています。)

このように、季節によってその姿が見え隠れするアーチ橋はここだけです。幻の橋といわれる所以です。(1937年/10m×11R)

タウシュベツ川橋梁の見学について


夏季のご利用について

交通事故の多発などの理由から、タウシュベツ川橋梁までの林道は許可車両以外通行禁止となっています。

タウシュベツ川橋梁の見学方法については下記をご覧ください。



※時期によりましては、橋が湖中に水没して見られない場合があります

冬季のご利用について

冬のタウシュベツ川橋梁
冬季間に橋を近くでご覧になりたい方は、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターまでお問い合わせ下さい。(有料の湖上横断タウシュベツ橋ツアーを実施しております。)
この施設に関連するページ旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
関連するお知らせ

令和2年11月10日(火)
令和2年10月21日(水)
令和2年10月16日(金)
お問い合わせ
上士幌町観光協会
上士幌町観光協会
01564-7-7272 
〒080-1492 北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地
8:30-17:15
定休日:土日祝日

お問い合わせ
もしもの時は
主要施設